After Effects//モーショングラフィック・リピーター

アフターエフェクト リピーター モーショングラフィック


手を動かさないとすぐに忘れるアフターエフェクト。
すぐ思い出せるように簡単に説明


  • シェイプレイヤー作成
  • 追加ボタンで長方形と線を追加アフターエフェクト リピーター モーショングラフィック

  • 空のグループを追加
  • 長方形+線をグループに入れるアフターエフェクト リピーター モーショングラフィック

動き付の設定
15コマくらいで大きくなって消えるという設定にしているアフターエフェクト リピーター モーショングラフィック


  • 追加ボタンでリピーターを追加
  • グループの下にリピーター(上にリピーターが来ちゃダメ)
  • リピーター内のトランスフォームの回転を上げてあげる

アフターエフェクト リピーター モーショングラフィック


相変わらずプロパティが多いな。

出来ることも多いがやることも多いし間違えることも多い。

これも慣れかな。。

慣れたと思って使わないと忘れるし、、、と、ぼやき。。

 

モーショントラッキング その2

motion-traking02


130秒の壁について

読み込んブリフェッチを押すと130で止まる
普通にトラッキングをして130で止まる。
止まったところからまた再度クリップタブから読み込んブリフェッチを押す。

を繰り返したら出来た!!があってるのか??



現状の力として

全部をblenderで仕上げるのは困難なので
AFに持って行って仕上げるのが今一番のベターなやり方かな。

上の動画では

  • パーティクル
  • 平面
  • 元動画

の三点をレンダリングしてAFで作業。む〜
なんか寄り道感がすごいけれども
AFのトラッキングよりは精度がいいのでこれが

今のところのベター。
来年の今頃はどうなってるかわからないけど。。

 

 

 

ダイナミックペイントを使ってみた_Waves

dynamic-paint_001


この機能もものすごくいろいろなことができそうで、また機能があるということは設定が多くあるということだが難しく考えずにやってみて残しておけば意外と難しくないのかもしれない。なんでも出来ちゃえば簡単になってくるだけど。。。


ベース

  • オブジェクトを追加
  • physicsパネルからダイナミックペイントを選択
  • キャンバスを追加して
  • サーフェスタイプを Waves に変更
  • ベースの完成dynamic-paint_003

パーティクル

  • オブジェクトを追加、パーティクルを設定して
  • physicsパネルからダイナミックペイントを選択
  • ブラシを選択
  • ダイナミックペイントソースでパーティクルを選択

dynamic-paint_005


dynamic-paint_002

参考動画

blender 背景画像を設定する方法

blender render の場合
  1. ワールド〜テクスチャー〜新規画像
  2. テクスチャパネル〜影響〜水平線にチェック
  3. ブレンドチェックを外す
  4. レンダリングすると見える
  5. ワールドパネル〜水平線にチェック入れると水平になるblender 背景画面を設定する方法 背景設定動作001

cycles renderの場合

  1. ワールドパネル〜サーフェス〜カラー〜新規画像
  2. ベクトルをデフォルトからウィンドウに変更
  3. ノード〜テクスチャ座標〜マッピング(背景を調整用)〜画像テクスチャとつなぐ。
  4. レンダリングで見える

間違えていた。

blender cycles 背景設定方法




コンポジットノードでオブジェクトと背景画面を設定する方法

画像とアルファーオーバーを追加
以下のように繋いぐ
コンポジットノードで背景画面に合わせる方法

レンダリングする前に背景を透過にする
コンポジットノードで背景画面に合わせる方法

コンポジットノードで背景画面に合わせる方法2