「Photoshop」カテゴリーアーカイブ

【PS】ブラシやら鉛筆を滑らかに描く方法 cc2018

photoshop 2018_新機能_brush滑らか_01なんかちょっと遅れてくるので変な感じではある。
イラレみたいにしてくれればいいのになと思ったが
ブラシを滑らかにしてくれる機能。photoshop 2018_新機能_brush滑らか_01

ブラシ項目で滑らかにチェックを入れないと
オプションバーにある滑らかの表示がオンされない!!

滑らかの描き方も数パターンあり
・ロープガイドラインモード
・ストロークのキャッチアップ
・ストローク終了時にキャッチアップ
・ズーム用に調整

というような項目がオプションバーの滑らかの隣の
歯車のアイコンで調整が可能。





photoshop 2018_新機能_brush滑らか_01
この赤枠ボタンでブラシの切り替えができる模様!!
この切り替えボタン結構使えるかも!!

 

あとブラシがフォルダー別けできるようになったので整理しやすくなったのはよかったけど、なかったのがまた不思議ではある。

【PS】被写体を選択_機能 1クリックで切り抜きが!!

すごいなとは思っていたけれど遂に1クリックで切り抜きが出来るとは!!
photoshop_被写体選択機能を使って1クリックで切抜きを作成

今の段階では精度は気にせず、
1回こういうツールができれば後は精度は日々進化して行くので。

フリーの画像をお借りして。

内容は
切り抜きたい被写体ありの画像レイヤーを選択して
選択範囲〜被写体を選択でOK
photoshop_被写体選択機能を使って1クリックで切抜きを作成

Photoshopは得意だと思い込んでいたので
あまり機能を追求しようとはおもわずむしろ
新しい機能は少し遠ざけている気もしていたが
ちょっとこれを機にもう少しPhotoshopの勉強もして行こうかという気持ちにもなった。
なにせ3Dもできそうだし
アニメーションの編集もできそうだし
やっぱり知らないことは罪だな〜と
あらてめて感じさせられたな!!

頭の中もバージョンアップさせていかないと
本当は簡単に出来ることを時間をかけて難しくやることの
バカバカしさったらないからな!!

ただバージョンアップして今までできたことができなくなることがさらに馬鹿馬鹿しい!!し何がバージョンアップだかと思うので慎重にしよう!!

製作動画

そんな愚痴と決意!!

【PS】検証_ハレーション素材を合成

□元素材はこちらからお借りして
□ハレーション素材のダウンロードはこちら!!

◯検証_01
写真にhalationハレーションを合成して写真を柔らかく!!

ハレーション合成素材↓↓↓↓↓

ハレーション素材_02

描画設定をスクリーンで

写真にhalationを合成_検証_03

このくらいさりげないのがいいな!!


検証_02

写真にhalationハレーションを合成して写真を柔らかく!!

ハレーション合成素材↓↓↓↓↓

ハレーション素材_01

描画設定は[スクリーン]で
不透明度 70%
塗り   70%

まあ無くてもいい感じかな!?


検証_03

写真にhalationハレーションを合成して写真を柔らかく!!

ハレーション合成素材↓↓↓↓↓ハレーション素材_03

ライトの向きなどをしっかりと合わせないと
このように気持ちよくない写真になってしまう!!

多少アクセントになるけど
光の方向性などを合わせないと逆に違和感がでてくるので
気をつけて入れるべし!!

【Ps】1.2点遠近法を使って壁に絵を合成する

photoshop 1点2点遠近法を使って壁に合成させる方法

1点遠近法を使えばなんとなくの感じではなくて
しっかりと合わせられるので便利!!

大体の感じで合ってしまうので時間をかけてやるのもなあ〜
と思っていたけど基礎中の基礎だったことに気がついた。

Aの壁の横のラインを延長していき
重なった部分が [ 中心点 ] なので
その中心点からラインを引けば角度は合うphotoshop 1点2点遠近法を使って壁に合成させる方法

横同様、縦ラインにも同じことをして中心点をだして
線を引いてあげればOK。

◯ちょっと厄介なところ
Aの面では、縦のラインで角度がそんなについていないので
中心点を出すのにだいぶ離れてしまうので結構厄介だけど
ウィンドウのオーバースクロールなどを使いうまい具合に調整

オーバースクロールは
環境設定ツールオーバースクロールにチェック

Bの面もAの面よりやりやすいので
Aの面と同様にやればいいのだが
Bの面は横軸は2ラインあるので角度がわかるのだけれど
縦のラインが1ラインしかないので測れないのが
どうすんだということで
今後の課題ということで!!



制作動画

イラストレーターでは
遠近法ツールがあるので
Photoshopにもついているものだと思ったけど
知らないだけであるのかどうか!?

【photoshop 】有料アクション設定、5分で劇的な写真?へと!!

【photoshop 】有料アクション設定、5分で劇的な写真?へと!!

かなり昔買ったのを思い出して、いつでも使える状態にしておかないと!

【photoshop 】有料アクション設定、5分で劇的な写真?へと!!

忘れないうちに覚書!

著作権フリー写真のサイトで写真をお借りして!!

覚書も何もアクション1ボタンで終了してしまうので
なんとも書きようがないけど、

有料アクションのサイト!!

英語版のphotoshopでないとアクションができないのでまずは
英語版フォトショップをダウンロード(する方法)。

英語起動させる方法でもできるかもしれないが!!

制作過程

1)画像を配置

2)解像度を変更(しなくてもできるけど)
参考動画でもあるが解像度でアクションの大きさが変わるようだ!!

3)レイヤーを追加

4)レイヤーの名前を brush に変更
変更しないとアクションできない!!

5)アクションタブからロードアクションで
購入したアクションファイルをロード

6)アクション!!

完成!!

制作動画

アメリカっぽい!!

久しぶりにこのサイトをみたら動画になっていたのが驚いた!
https://videohive.net/item/shimmer-motion-kit/21189094?ref=ThomaKovar

そして有料アクションの数が結構あるんだということに驚き!!
https://graphicriver.net/category/add-ons/photoshop/actions

そうか近い将来は1タッチで顔の修正や切り抜きとかもできるのが当たり前になるんだな!
フォトショップもどうなるのかなと思っていたけど、
こっちの方向もあるんだな。。
進化のふるいから落ちないようにすることも一つの真価!!