【 blender】Fluid 流体設定 その1

blender Fluid 流体設定 水しぶき 3DCG

blender で流体_水しぶきを作成


今回はドメインの基本設定の違いを検証。

まずはドメインと流体と障害物を設置

blender Fluid 流体設定 水しぶき 3DCG

 


基本設定の違い

初期設定のみ


流体パネルの速度を0.3に変更

単純にスピードがゆっくりになる。1だと早すぎるかな。


流体境界のスムージング_3.0/ 細分化_3

wiki より スムージング
流体の表面のスムース化の度合いです。1.0が標準、0が無効です。大きくするほど滑らかになります。


流体パーティクル 生成_1

wiki より 生成
生成する流体パーティクルの量(0=無効、1=標準、>1=それ以上)。これを使うにはSubdivisions(流体境界の細分化)を2以上にしてください。


解像度を150に変更

ベイク時間20分

wiki より 解像度
シミュレーションする際の細かさです。これはおそらく最も重要な設定項目でしょう。この値によって流体の細部の緻密さ、メモリとディスクの使用量、計算時間が決まります。


blender wiki 流体


流体パネルの時間で開始と終了があるが流体のシュミレーションは全てベイクされるので、ベイクの時間短縮にはならない。

blender Fluid 流体設定 水しぶき 3DCG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です